探訪画趣-漱石に認められた岡本一平

探訪畫趣 岡本一平 著並画
探訪畫趣 岡本一平 著並画
探訪画趣 夏目漱石(金之助)序文
探訪画趣 夏目漱石(金之助)序文
探訪画趣 夏目漱石(金之助)序文
探訪画趣 夏目漱石(金之助)序文

「探訪畫趣」一平著並畫

 

 (夏目金之助・漱石)

 

  私は朝日新聞に出るあなたの描いた漫畫に多大な興味を有つてゐる一人であります。いつか社の鎌田君に其話はなしをして、あれなりにして捨てヽしまふのは惜しいものだ、今のうちに纏めて出版したら可かろうにと云つた事ことがあります。其後あなた自身が見えた時とき、私はあなたに自分の描いたものはみんな保存してあるでせうねと聞いたら、あなたは大抵散逸してしまったやうに答へられたので私は驚ろきました。尤もさういふ私も隨分無頓着な方はうで、俳句などになると、作れば作つくつたなりで、手帳にも何にも書き留めて置かないために、一寸短冊などを突きつけられて、忘れたものを思ひ出すのに骨の折れる場合もありますが、それは私がその道に重きを置いてゐない結果だから、仕方がありませんが、貴方あなたの畫は私の俳句よりも大事だいじにして然るべきだと私はかねてから思つてゐたのだから、それを揃へて置かない貴方あなたの料簡が私には解わからなかつたのです。
  あなたは私に云はれて始めて氣が付いたやうに工場の中を探さがし廻まはつたといふぢやありませんか。さうして漸くそれを出版する丈に纏めたのださうですね。左右さうなればあなたの勞力が單獨に世間に紹介されるといふ点に於て、あなたも満足でせう、最初勸誘した責任のある私も喜よろこばしく思ひます。私ばかりではありません、世の中には私と同感のものがまだ澤山たくさんあるに違ちがひないのです。
  普通漫畫といふものには二た通りあるやうです。一つは世間の事相に頓着しない藝術家自身の趣味なり嗜好なりを表現するもので、一つは時事じじにつれて其日々々の出来事ごとを、ある意味の記事同樣に描き去るのです。時ときと推し移る新聞には、無論後者の方が大切でせうが、あなたはその方面に於ての成功者ぢやなかろうかと私は考へるのです。私が最初あなたに勸めて、年中行事というやうなものを順次にならべて一巻にしたら何うだらうと云つたのは、是がためなのです。見る人ひとは無論あなたの畫から、何時いつんな事ことがあつたかの記憶を心こヽろのうちに呼び起すでせう、しかも貴方あなたの表現したやうな特別な觀察点に立つて、自分がいまだかつて經驗しなかつたやうな記憶を新らしくするでせう。此二つの記憶が經となり緯となつて、たヾでは得られない愉快が頭あたまの中なかに滿ちて來るかも知れません。忙いそがしい我々は毎日々々蛇へびが衣を脱ぐやうに、我々の過去を未練なく脱いで、ひたすら先へ先へと進むやうですが、たまには落ち付いて今迄通とほつて来た途みちを振り向きたくなるものです。其時茫然と考えてゐる丈では、眼に映うつる過去は、映うつらない時と大差なき位に、貧弱なものであります。あなたの太ふとい線、大きな手、變へんな顔、すべてあなたに特有な形かたちで描かれた簡單な畫は、其時とき我々に過去は斯んなものだと教へて呉れるのです。過去はこれ程馬鹿氣て、愉快で、變てこに滑稽に通過されたのだと教へて呉れるのです。我々は落付いた眼に笑を湛へて又齷齪あくせくと先さきへ進む事ことが出来ます。あなたの觀察に皮肉はありますが、苦々にがにがしい所はないのですから。
  もう一つあなたの特色を擧げて見ると、普通の畫家は畫になる所さへ見付ければ、それですぐ筆を執ります。あなたは左右そうでないやうです。あなたの畫には必ず解題が付いてゐます。さうして其解題の文章が大變器用で面白く書けてゐます。あるものになると、畫よりも文章の方ほうが優つてゐるやうに思はれるのさへあります。あなたは東京の下町で育つたから、斯ういふ風に文章が輕く書きこなされるのかも知れませんが、いくら文章を書く腕があつても、畫が其腕うでを抑えて働はたらかせないやうな性質のものならそれ迄です。面白い繪説ゑときの書ける筈はありません。だから貴方あなたは畫題を選ぶ眼で、同時に文章になる畫を描いたと云はなければなりません。その点になると、今の日本の漫畫家にあなたのやうなものは一人ひとりもないと云つても誇張ではありますまい。私は此繪と文とをうまく調和させる力を一層擴大して、大正の風俗とか東京名所とかいふ大きな書物を、あなたに書いて頂きたいやうな氣がするのです。
   六月十五日  夏目金之助
 岡本一平樣

 

この「岡本一平著並畫『探訪畫趣』序」は漱石全集第拾四巻「評論 雑篇」474~476頁にも掲載されている。