永平寺門前矢野屋・絹のしらべ

福井・絹のしらべ
福井・絹のしらべ
福井・絹のしらべ
福井・絹のしらべ

 

永平寺門前矢野屋・絹のしらべ

 

先日、大本山永平寺の帰りに、永平寺そば、お土産屋の「矢野屋」へ寄って来た。

以前、大本山永平寺の龍門のすぐ下にあった老舗の「矢野屋」は、現在永平寺門前から少しはなれた場所に移転し新しくなって営業している。

「蕎麦」がとても美味しい「矢野屋」。

 

今、永平寺旧参道は門前再開発事業のため、「矢野屋」をはじめ、「柏樹菴」など解体して、参道を広く大きくしようと工事中である。

 

その移転新築した「矢野屋」で買った「福井・絹のしらべ」はお土産として、内仏にお供えしてあった。

それをそろそろ内仏から下げて頂こうと思い、まず写真を撮ってから戴くことにした。

 

「福井 羽二重折餅

 銘菓 絹のしらべ

 伸びやかな生地

  絹のような口当たり

   絹餅菓撰」

と表装紙には書いてあった。

 

福井のお土産として、前から「羽二重餅」が有ったが、私は今までこの「福井・絹のしらべ」はあまり目にして来なかった。

羽二重餅に餡(あん)が入っていて、口あたりがよい。

 

ついでに、インターネットでこの「福井・絹のしらべ」を調べたところ、意外な事が分かった。

この「絹のしらべ」は上に色々な名前を付けて、さもその土地独特のお土産のように売られている。

例えば、「京都・絹のしらべ」、「丹後ちりめんの里・絹のしらべ」、「南知多・絹のしらべ」、「阿蘇乃冠雪・絹のしらべ」、「湯瀬ホテル・絹のしらべ」」、「城崎温泉・絹のしらべ」、「広島・絹のしらべ」、「山口文ちゃん・絹のしらべ」など。

皆な同じ物の「絹のしらべ」である、

 

これではあまりにも節操がない、「絹のしらべ」のお土産である。

 

さらにこの「絹のしらべ」は「絹餅菓撰」と書いてあるが、この「絹餅菓撰」なる会社はいかなる会社なのか明記されていない。

「絹餅菓撰」がこの「絹のしらべ」の製造者、或いは販売者なのかも不明である。

Internetでこの「絹餅菓撰」を調べたがGoogle検索では出てこなかった。

 

食品衛生法で製造者名、或いは販売者名の表示が義務付けられているはずなのだが、「絹のしらべ」に一切記載されていなのは食品衛生法違反なのではないのか。